スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

新譜情報・2010年6月18日発売 吉田隆一(bs)+石田幹雄(p) 『霞』

吉田隆一(bs)+石田幹雄(p)
『霞 (かすみ)』
(2010年6月18日発売予定)
kasumi
*クリックで画像拡大します↑
sincerely music SINM-004
税込定価;¥2,100
(税抜¥2,000)

...

ベーゼンドルファー vs バリトン・サックスという、超重量級の楽器を二人でゴリゴリに鳴らしまくる(でも意外と楽曲はチャーミング!)ヘヴィ・アコースティックの名演奏。
その迫力はまるで砲丸でサーヴされるウィンブルドン決勝戦。スマッシュ&ラリーの応酬でコートに穴が開きまくり、芝の管理人はさぞかし悪夢を見る思いだろう。これは聴きモノです。
-大谷能生/文筆家・音楽家-

この巨大な膨張宇宙を創造したのはたった二人の神だ。濁流のごとき汗と唾液と、そして静寂。その戦いと平和の航跡は、凄まじい試合のあと抱擁しあうボクサーを見るようだ。 
-田中啓文/作家-

これは田植えなのだ!
絶妙のデュオ! 還暦になったらどうなるんですかね?
オレにもやらせろーっ! 
-板橋文夫/ピアニスト-

吉田くんと石田くんの無敵がJazzを呼んでいる。
なにせ二人の顔は相当に速い。
そしてこの二人の楽器はめちゃくちゃ黒い。
その黒い塊に調子が乗っているのだからスイングが止まらない事になってしまった。これはもう新たなSound Fictionの誕生なのだ。
-不破大輔/ベーシスト・渋さ知らズ主宰-

...

北海道から突如現れ、コンテンポラリージャズ/フリージャズのあらたなる地平を切り開きつつある新鋭ピアニスト・石田幹雄。
アンダーグラウンドにおける重要バンドの数々に参加し、同時に、新たなるシーン創造を目指し自ら動き続けているバリトンサックス奏者・吉田隆一。
この二人による全曲オリジナルDuoが『霞』である。

重厚なるピアノの銘器・ベーゼンドルファーとバリトンサックスの対話。
叙情性と破壊衝動。音響とメロディー。あらゆる要素がディフォルメされ怒濤のように押し寄せる50分である。

...

収録楽曲

1. GOIM(石田)
2. ハリウス2(石田)
3. 高い場所は遠い色が支える(吉田)
4. カスミノトバリ(吉田)
5. 写し(石田)
6. sincerely(吉田)
7. 黒曜石の門(吉田)
8. One of Latin(石田)
( )は作曲者

2009年11月11日
相模湖交流センターにて録音

録音・ミックス/吉田隆一
マスタリング/庄司広光

トータルタイム/50分
解説/田中啓文

ディストリビュート by BRIDGE

BRIDGEのサイトで予約可能です!
http://bridge.shop-pro.jp/?pid=20233237

スポンサーサイト

2010.04.09 | | コメント(3) | トラックバック(0) | SINM-004

«  | ホーム |  »

プロフィール

sincerelymusic

Author:sincerelymusic
バリトンサックス奏者・作曲家の吉田隆一が運営するレーベルです。
意識をゆうるりと刺激する「音の質感」を追求しております。

sincerely musicの作品は
全国のCDショップ及びWeb上のCDショップ
Amazon等のWeb通販siteで購入する事が出来ます。

ディストリビュート by BRIDGE
http://bridge-inc.net/
BRIDGEサイトでの通販も行っております。ご利用下さい)

*記事中のアルバムタイトルをクリックすると、BRIDGEの通販サイトウインドウ(個別タイトル)が開きます。

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。